事業内容

ホーム > 脊髄損傷者向け排泄支援装置

脊髄損傷者向け排泄支援装置

脊髄損傷患者等の排泄作業を視覚的にサポートいたします。

脊髄損傷者向け排泄支援装置

■ 便器内からカメラで撮影した様子をPC画面で確認
■ 医療スタッフと患者が同じ視野となり排泄訓練がスムース
■ “見える化” による安全な排泄動作が可能
■ 医療機関だけでなく、在宅や外出時の使用も可能

監 修

兵庫県神戸市西区曙町1070 社会福祉法人 兵庫県社会福祉事業団
兵庫県立リハビリテーション中央病院&福祉のまちづくり研究所
ロボットリハビリテーションセンター

仕 様

【撮影用カメラ】

USB30万画素CMOSイメージセンサー

【表 示 装 置】

市販タブレットPC

【対 象 便 器】

洋式便器 タイプに応じてアーム形状を変更(但し、極端に底が浅い場合は特殊便座が必要)

【防 水 機 能】

カメラ部は生活防水程度(浸水洗浄不可) アーム部・制御部は防水機能はなし

【装 置 電 源】

バッテリー駆動 (AC100Vアダプタ-もしくはパソコンUSBポートでの充電)

【そ の 他】

映像の拡大、上下左右反転機能 照明の明るさ可変機能

 
 
ページトップへ